火傷跡を治療する方法

  • 火傷跡を治療する方法

    • 料理など火を使っていると火傷をしてしまうこともありますが、程度によっては跡が残ってしまうこともあります。
      特に水ぶくれができるほどの火傷の場合は、完治しても赤くなったり色素沈着によって茶色や白っぽい色に変わり跡になってしまいます。


      火傷跡は自然に消える程度の軽傷であれば保湿クリームなどを塗ることで消えますが、ひどい場合には治療しなければ跡が残ります。
      そんな火傷跡を消したりキレイにするためには、クリームやレーザー治療などが行えます。



      クリームで改善する方法としては、メラニン色素を消す必要があります。
      メラニン色素を除去する効果のあるクリームとして効果的なのが美白化粧品などにも使われているハイドロキノンです。ハイドロキノンを含んでいる美白クリームなどを患部に塗り続けることによって色素沈着を改善していくことができ、徐々に薄くすることができます。

      メラニン色素はターンオーバーによって排出されるため、ゆっくりと改善していくことが可能です。
      レーザー治療はレーザーの性質を利用した改善方法です。

      レーザーは黒い色などに反応するため、メラニン色素に反応させることによって改善していくことができます。

      OKWave関連情報を紹介しています。

      クリームよりも効果的で、治療期間が短く即効性があるというメリットがあります。

      できものの治療の珍しい情報をご紹介しています。

      しかし、どちらも体質などによっては薄くなるだけで完全に治るとは限らないとされています。


      コストなどを考えて自分に合った方法で改善していくことが大切です。

  • 基本知識

    • 火傷をした場合、直後に適切な処置をすれば跡が残らずに済むことが多いですが、残ってしまうこともあります。ケアをすることで、時間はかかりますが、少しずつ薄くしていき消すことも可能です。...

  • 知っておきたい情報

    • 火傷の跡を残さないようにするためには、早めの対応が必要です。火傷をした場合は、まず冷水で冷やすようにします。...

  • 医療関係の真実

    • 思わず不注意で火傷をしてしまったら程度によりますが跡が残ります。身近なところでは、熱湯がかかったり、フライパンやトースターやオーブンやアイロンなどで熱い部分に触れてしまったなどがあります。...

  • 医療の補足説明

    • 手外科ときいても、知らない人がほとんどでわないでしょうか。手外科は、肩、肘、指先、までの腕全体のこと専門とし腱鞘炎、手のしびれや筋力低下をきたす、末梢神経障害、テニス肘、骨折や手の外傷、ガングリオンをはじめとする腫瘍性疾患、リュウマチなどがあります。...

top